キング・アーサー 聖剣エクスカリバーの力を実写で再現

 

序章

世界でもっとも有名な伝説上のイングランドの王様アーサーをモデルにしたファンタジー映画です。

物語はアーサーの父親である先代イングランド王が弟に不可思議な力で殺されてしまうところから始まります。

このとき王はのちの聖剣エクスカリバーを海に投げ入れ弟の手に渡らないようにします。

王の直系であるアーサーはまだ幼い子供、このときの事件で王城から脱出させられ城下の下町で育ちます。

子供とはいえ逞しく成長していくアーサーの前に試練が立ちふさがります。

試練編

時はながれて海に投げ込まれたはずの聖剣が陸地の隆起によるものか岩に刺さった状態で姿を現します。

かつての先代王が邪悪な魔法使いを撃退した力ある剣です。

正統なる王にしか扱えないとされるため悪の力に頼って現在の王、先代の弟には岩から抜くことはできません。

本当のところ剣が抜けないことで今の王は正当性にかけるという噂がながれ、しかし王の強権には逆らえず圧制に苦しむ庶民は本当の王を待ち望んでいます。

といった世界設定のなか剣闘士だったり用心棒だったりと抜け目のない逞しい青年に成長したアーサーが剣を抜いてしまいます。

あとは当然のごとく現王や反政府組織に翻弄されていきます。

聖剣エクスカリバー

世界でもっとも有名な剣です。

その剣には魔力があり一振りで数多の軍勢をなぎ倒す力を保有しています。

もちろん私がわくわくして視聴した理由もこれです。

現代のCGで表現されるこの剣の力はどのようなものでしょうか?

アニメなんかでは光線がでたりしていましたがこの映画では斬撃が飛ぶようです。

はっきりと表現されていないためよそくですが衝撃波のようなものが剣の魔力で引き起こされるようです。

一軍をなぎ倒すといったものではないようですが迫力は抜群です。

エクスカリバーはやはりすごいです。

実写でみると表現に苦労しそうなのによく映像化できていると思います。

まあエクスカリバーは伝説のほうでは最初からでてくるものではないのですが。

ファンタジーが好きな人におすすめ

お話等結構長いです。

アーサー王の子供のころから始まってしまうのと、普通の青年として育った一般人として王になんかなれるはずないというまったくもっともな心情のため、エクスカリバーを思ったように使えないのです。

王の弟である叔父との対決がメインなのでエクスカリバーの出番も少ないのも気になります 🙄 

せっかく実写化したのだから円卓の騎士とともに外の脅威と戦うといった話を期待していたのですが、まあそれでもオリジナルストーリーで脚本されていますので目新しいものではありました。

怪物も出てきますが基本は悪魔の騎士みたいですからファンタジーのモンスターには負けています。

そんな些細なことに気を取られず王の刺客数十人を一撃で打ち砕いたりするシーンなどもちゃんとあります。

はじめのほうさえ我慢すれば楽しく映像美を堪能できます。

近年では過剰な期待にこたえる名作でした。